結婚式の衣装

衣装を決めるのは花嫁だけではありません。結婚式に関わるほかの人たちの衣装についても考えて見ましょう。結婚式の衣装と言うのは何でもいいというわけにもいきません。きちんとしていかなくては恥を欠くことにもなります。結婚式にはどの様な衣装を着ていけばいいのでしょうか。

花婿の衣装
衣装は花嫁だけではありません。新郎の衣装も忘れないでください。タキシードやモーニング、テールコート、時間帯によって違ってくるようです。どうしても花嫁のおまけになりがちですが、花婿だって、結婚式の主役です。素敵な衣装を見つけてください。

両親の衣装
留袖やモーニングが一般的ですね。教会式でも留袖を着られている方もいらっしゃいます。花婿花嫁の両親ですから、きちんとした服装が望ましいです。

親族の衣装
留袖やモーニング、振袖、ドレスなどが望ましいです。和装では特に問題はありませんが、ドレスの場合は形や丈を気に掛けましょう。あまり露出の多いものや、丈の短いものは相応ではありません。品のあるデザインを選ぶようにしましょう。白は花嫁と同じになりますので避けましょう。

友人の衣装
スーツ、ワンピース、振袖などが望ましいです。独身の女性は振袖がいいかもしれません。準備が大変ですが、振袖のお客様は結婚式を華やかにします。洋服の場合は形や丈を気に掛けましょう。あまり露出の多いものや、丈の短いものは相応ではありません。品のあるデザインを選ぶようにしましょう。白は花嫁と同じになりますので避けましょう。友人とはいえ、砕けすぎないように気に掛けましょう。

番外編の衣装

リングボーイやフラワーガール、小さな小さな主役となる可愛いキッズ。子供達はどんな衣装で結婚式に参加すれば良いでしょうか。いくら子供とはいえ、きちんとした服装が望ましいです。リングボーイやフラワーガールをするのであればなおさらです。スーツやドレスをきて、めいいっぱいお洒落しましょう!可愛いキッズがいれば結婚式もさらに華やかになります。女の子はヘアスタイルにもこってみてはいかがでしょうか。

子供の衣装

衣装は花嫁だって迷うけれど、実は招待されたお客様だって迷うものです。季節によっては着物は大変かもしれないし、持っている服では合わないかもしれません。一度参加した結婚式と同じ様なメンバーが招待客であれば、同じ服装で参加するのは少し戸惑います。男の人はネクタイなどを変えれば雰囲気が変わるし、大きく変化させる必要もありませんが、女性の場合はそうもいきません。服を買えば、靴やバッグも揃えたりしなくてはいけないし、お洒落にはお金がかかるものです。でも結婚式にきちんとした服装で行く事は大切な事です。

結婚式で着物を着るとしたら、着付けやヘアスタイルについても考えなくてはいけません。式場が近いのであれば、自宅の側の美容院で着付けやセットをしてもらって出かけるのがいいでしょう。もし、式場が遠いのであれば、往復が大変でしょうから、式場の美容室に予約を入れておくのがいいでしょう。式場の美容室は結婚式のある日は大変込み合っています。予約を希望するのであれば、事前に予約する事を忘れないようにしましょう。

結婚式に参加する人だって、きちんとお洒落したいものです。花婿さんや花嫁さんも、お客様が素敵にドレスアップしてきてくれたらとてもうれしいものです。マナーに反しないように、素敵な衣装で結婚式に参加しましょう。

Valuable information

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/

Last update:2014/10/2