結婚で得られる幸せを考える

結婚すると決めた時はどんな瞬間でしょう。恋人と付き合ったとき?仕事で出世したとき?自立したとき?家族とそういう話題になったとき?さまざまな場面で、結婚を決断するときがあるはずです。 結婚すれば、両親に育てられ生きてきた自分が今度は子供をベビーカーに乗せて夫婦と一緒に新しい家庭を築いていくことになります。

好きな人と新しい家庭を作って、生きていくことを決めたのだから、これから色々なことがあっても、自分たちで乗り越えて行かなくてはいけないんだなって思う人もいるでしょう。 両親と住んで、今まで育ててもらったありがたみを、改めて感じる人もいるでしょう。

新しい家に何となく落ち着かなくて、実家の帰るとふと落ち着くその気持ちが、時間とともに反対になっていくのを感じる瞬間があると思います。その瞬間、自分は初めて新しい家を新しい家でなく認めるのかもしれません。新しい家庭で生活を始めると、今まで知らなかった喜びや戸惑いがあるでしょう。家族が増えたら、その分喜びが増えるかもしれません。パートナーや子供の幸せをいっしょに感じるかもしれないからです。たくさん幸せを見つけてください。

結婚の価値

結婚結婚することだけが幸せではないと思うし、出産して子供を育てることだけが幸せというわけでもありません。幸せというのはひとそれぞれ。十人いたら、十通りの幸せがあります。結婚をすることで必ず幸せになれるということではありませんが、結婚を機に何か新しい人生のスタートになることは間違いありません。これまでは一人で生活していた日常も、結婚すれば夫婦となり共同生活が始まり、子供が生まれれば家族としてこれから歩んでいく事になります。

大変なこともあるかもしれません。一人のときと比べて好き勝手な行動はできなくなるでしょう。それでも、何か得るものは必ずあります。ただ、結婚したから幸せとというわけではなく、きっとそこから幸せの形というものを見つけ出す可能性があるかもしれません。

その中の幸せに結婚が含まれていることがあるというだけのことです。結婚式だって、挙げなくても幸せには何の関係もありません。幸せは自分で見つけるものだからです。たくさんの幸せを見つけていって欲しいと思います。幸せに形はありません。また決まったものでも、誰かに分け与えてもらうものでもないと思います。自分自身で生きていく中で、気をつけていればたくさんの幸せが見つかることでしょう。そのとき、初めて「結婚」の価値観が変わるかも知れませんね。

pickup

Apple
https://www.apple.com/jp/

Last update:2014/11/26