婚約の儀「結納」

結納と言うのは婚約の儀のことです。結婚するということはふたつの家が結びつくことです。親族が増えることを祝う儀式です。互いの家同士が贈り物をしあい、婚約したと言う約束を交わすのです。結びついて、納めあう、それが結納です。結納品の数は縁起の良いとされている奇数5、7、9で品物は下記のようなものです。

  • 目録
  • 長熨斗 のしあわび
  • 金包包 結納金
  • 勝男節 鰹節
  • 寿留女 するめ
  • 子生婦 昆布
  • 友白髪 麻
  • 末広 扇子
  • 家内喜多留 お酒

水引できれいに飾られた結納品はとてもきれいです。昔ながらのしきたりは現代の機械的な雰囲気とは違って、そのアナログ名雰囲気が幸せをもたらしてくれる感じがします。結納品には各々の意味が込められています。その意味をよく知って、ありがたく結納品をいただきましょう。

どれも、新しい家庭がよくなるよう、いろいろな意味が込められた贈り物です。地域によって形式が違うようですが思いは同じ事でしょう。今では略式などもある様ですが、きちんと両親に確認するなどして、結納の準備をしましょう。結納をするのであれば、婚約指輪はこのときに贈り物とすることが多いようです。今では略されてしまうことが多いのかもしれませんが、きちんと結納すると、なんとなく気持ちも引き締まりますね。

婚約指輪

婚約指輪

結納品のひとつにもなる婚約指輪。婚約と言えばプロポーズに婚約指輪。婚約指輪は結婚を約束して、その約束の証です。婚約指輪はなくてはならないグッズではありませんが、女性にとったら憧れのグッズです。一生身につけられるものです。だから、婚約指輪が欲しいなって思う人いるのではないでしょうか。

できるだけこだわりたいグッズでもありますよね。オーダーメイドで世界に一つだけの指輪を作るのもいいし、人気のブランドのペアリングにするのもいいですよね。(手作りグッズについては手作りブライダルグッズで温かい素敵な結婚式を♪で解説)どんな指輪が二人の結婚の証になるかは人それぞれです。指輪はずっと変わらずに残るものです。自分にぴったりのステキな婚約指輪が見つかると良いですね。日本では左の薬指にはめるとされる婚約指輪。贈られたらうれしいグッズです。どんな指輪にしたいか、事前に話すことができたらいいですね。思い思いの婚約指輪で婚約を交わしてください。

婚約指輪は石を使ったデザインが好まれているようです。ダイヤの婚約指輪が最もポピュラーでしょうか。どの宝石よりも硬いとされるダイヤは人気があります。ダイヤの決め手は4C、カラー、クオリティ、カラットです。ダイヤを好む女性は多いようです。ですからダイヤの婚約指輪が人気なんですね。ダイヤは素敵ですよね。誕生石の婚約指輪も人気があります。どの石も素敵な輝きがあります。誕生石にはそれぞれのパワーがある様です。自分の誕生石であれば自分との相性もよさそうですよね。誕生石でできた婚約指輪もとても素敵な婚約指輪となりそうです。

Favorite

パナソニック
http://panasonic.jp/

2014/10/2 更新