結婚式の招待状

招待状

結婚式の招待状が郵便ポストに届いていると、その厚みやしっかりした紙でできた封筒が際立って見えます。筆で書かれた自分の名前、見覚えのある差出人が記されていて、封を切る前に結婚式の招待状とわかるものです。シンプルなデザインが多いですよね。シンプルで高級感ある紙を使われている方が多いような気がします。結婚式の招待状は特別な郵便物のような気がします。

結婚式の招待状は、結婚するためにまず一番最初に準備しなくてはいけない必需品。絶対必要な大切なグッズなのです。結婚式場で用意してくれる場合もありますが、手作りのオリジナルの招待状もよいと思います。シンプルなものでも、華やかなものでも、結婚式の招待状であればおかしくないですよね。素敵な招待状を作ってください。

招待するお客様をしぼるのって意外と大変です。花婿側と花嫁側で人数を調節したり、今まで結婚式に呼ばれた人とか、職場の人とか、自分達の予定する以上の人数になってしまうことも多々あります。残念ですが、全員を呼ぶわけにはいきませんので、よく考えて決めましょう。どうしても招待できない人がいたら、二次会のパーティに呼ぶなど、別のことで考えましょう。

招待状の作成手順

式場を決めて、半年前くらいには招待状を準備しだします。まずは招待状が準備の第一歩です。招待するお客様が決まったら、招待状の準備となります。式場で用意されているものにしてもよし、招待状を専門で取り扱ってる印刷業者に頼むのもよし、自分で手作りもよしです。既製品でも様々な種類がありますので、自分で準備する時間がない場合は式場や印刷業者に頼むといいかもしれません。

その幸せの第一歩となるのは招待状です。結婚式ではたくさんの人に祝福され、たくさんのものが演出してくれますが、招待状はそれが始まるためのお便りです。招待状は式場が決まったら、なるべく早い手配が必要です。宛名や差出人の書き方なども色々とある様ですので、きちんと決めたりしなくてはいけません。

家に届く招待状はまず二人の結婚をたくさんの人に知らせてくれます。招待状は受け取ったとき、うれしい気持ちになりますよね。どんな結婚式なのかな、どんな衣装着るのかななんて想像が膨らみます。(衣装については結婚式における婚礼衣装のポイントとマナーをチェック)二人の心がこもってる招待状。形式だけと言う人もいるかもしれないけれど、招待状は結婚する二人が最初に準備する第一のものです。この招待状が無くては結婚式は始まらないのです。

結婚式までには時間がまだあって、何となく実感もわかないし、忙しいし...でも、でも結婚式の準備ってしていると、段々と実感がわいてきて楽しい気がしてきます。段々と現実の近づいてるそんな感じがするような気がするのではないでしょうか。うきうきするし、どんな結婚式になるんだろうって、想像したりして、余計楽しい気持ちになってきます。結婚式のグッズはほんとにハッピーな気持ちにさせてくれます。

招待状は欠かせないグッズ

招待状は結婚式には欠かせないグッズです。メールメール...電車に乗っても携帯のメールをピコピコ。お正月の年賀状もクリスマスカードもバースディカードもメールの世の中です。でも、結婚式の招待状だけは今もなお郵便で大切に届けられるものです。なんか良いですね。メールが主流になった乾いた時代に潤いを与えてくれているような感じ、ほとんど手紙を出す人なんていない時代にとどく郵便物はなんか温かい感じがします。それが結婚式の招待状であれば、なおさらうれしいお便りですよね。

二人の名前が差出人の招待状をたくさんの人が受け取り、封を開き、二人の結婚式を知ります。結婚のお便りならうれしいお便りでもあります。招待状の中には返信はがきも入れます。結婚式の出席、欠席の返信をいただくのです。これによって、参加してくれる人数を最終確認する事になります。ですから、もし自分が招待状を受け取る立場であるのであれば、できるだけ早く返信をするようにしましょう。

自分の結婚式の招待状をワクワクして受け取ったり、きれいに封を開けてくれたり、中を開いて二人の結婚のお便りを喜んでくれる人がいるんだなというのはとてもうれしいことではありませんか。招待状は結婚式に必要な大事なグッズですね。結婚をみんなに知らせるファーストレターです。紙や色にこだわったり、手書きにしたり、素敵な招待状を作ってみてはいかがですか?

recommend

Last update:2014/10/2